2017年04月27日

名古屋発、5月の観光見所(長野県、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

愛知・新城市の日本一と称するものに1、広域基幹林道雁峰線(総延長33.3km)。また自慢の風景に1、本宮山からの眺望(三河湾・富士を一望)、2、桜渕公園(四季折々の風情を醸し出す公園)、3、雁峰山林道からの眺望、4、鮎滝など。

更新は3日後に、次回は神奈川県、伊豆へ

名古屋発、5月の観光見所(長野県へ)

遠照寺ボタン園(JR飯田線伊那市駅、高遠町、140種1500株)、諏訪大社上社本宮(JR中央線上諏訪駅)、高遠町歴史博物館絵島囲み屋敷(JR伊那市駅)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
長野・諏訪市の特産品には1、酒(良質な地下水、全国一の酵母、優秀な杜氏がいる)、2、みそとしょう油(水に恵まれ味の良さで全国シェアも高い)3、ワカサギ(諏訪湖のワカサギの味の良さは折り紙つき)、4、寒天、氷もち、凍り豆腐(冬の厳しい寒さを利用した特産品)、5、鉄平石(建築装飾材料として全国に送られている)など。

5月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

名古屋発、5月の観光見所(山梨県へ)

中の茶屋(富士急行富士吉田駅、冨士桜群落)、北口富士浅間神社(富士急行富士吉田駅)、猿まわし劇場河口湖ハーブ館(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・富士吉田市のいわれ。古くからここが「甲斐の吉田郷」と呼ばれていたこと、世界に誇る富士山がある事などから富士吉田市になったといわれる。特産品には1、甲斐絹(独特ななめらかさと光沢のある絹織物)、2、うどん(富士山の湧き水で打つ腰のあるうどんで摺種<すりだね>という薬味を入れる)など。

2017年04月23日

津市発、5月の観光見所(栃木県、群馬県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

三重・鈴鹿市の観光資源に1、鈴鹿サーキット、2、神戸の寝釈迦、3、椿大神社、4、荒神山火渡り、5、桃林寺の桜、6、割烹旅館「魚半楼」の盆梅、7、鈴鹿セブンマウンテン、8、鼓ヶ浦・千代崎海水浴場など。

更新は3日後に、次回は長野県、山梨県へ

津市発、5月の観光見所(栃木県へ)

長峰公園のツツジ(JR東北本線矢板駅、3万株)、黒羽町大雄寺(JR東北本線西那須野駅、シャガの花とボタン)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
栃木・大田原市のいわれ。古くは上那須福原郷前室と呼ばれた当地に明応3年、大俵(おおたわら)氏が館を構え、天文14年に前室山に居城を築き、城下町を造ったのが始まり。この時の姓を大田原と改め、地名も大田原に成ったといわれる。

5月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

津市発、5月の観光見所(群馬県へ)

レンゲの里(JR吾妻線中之条駅)、「湖畔の宿」の榛名湖(JR高崎駅)、秋間観梅公園(5月ポピー畑)、アイリスの丘(JR信越本線安中駅、10万株)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
群馬・榛名町のいわれ。町内に秀峰の「榛名山」と「榛名神社」があり、この名を町名に採り入れたと言われる。町のシンボルには、花は梨の花(白く清楚で、町の歌4曲にも歌われ、町を代表する花)とユウスゲ(榛名湖畔一帯に群生し、淡黄色で気品があり、夕方から咲く花にはロマンがあることから)。木は杉。鳥はセキレイ(町内全域に生息し、神話にも登場するお祝いの鳥)など。

2017年04月14日

名古屋発、5月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

愛知・稲沢市の観光資源に1、国府宮裸祭り(全国三大奇祭の1つ)、2、矢合観音(病気治ゆに効果のある井戸水有り)、3、文化財の宝庫(重文22件余、県指定32件余、市指定93件余)、4、大塚性海寺歴史公園(重文建物と日本庭園のコントラスト)、5荻須記念美術館(世界のオギスの絵画常設展示)、6、その他桜祭り・植木祭り・産業祭など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

名古屋発、5月の観光見所(茨城県へ)

つくば牡丹園(JR常磐線牛久駅、つくば市、ボタン、シャクヤク)、筑波山ロープウェイ(ツツジ)、筑波山大御堂(JR土浦駅、坂東札所25番)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
茨城・つくば市のいわれ。昭和62年に周辺町村の合併により新しく誕生した市。名峰筑波山や霞ヶ浦を控え、筑波研究学園都市の大部分を構成し、世界をリードする国際科学技術都市を目指す。合併前、つくば学園市、新つくば市、筑波市などの案が出されたが、県や自治省の意向もあって「つくば市」に落ち着いたといわれる。

5月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

名古屋発、5月の観光見所(千葉県へ)

くりはま花の国(JR横須賀線久里浜駅、ポピー100万本)、マザー牧場(JR内房線君津駅、シャクヤクと羊のショー)、海ほたる(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
千葉・富津市のいわれは、日本武尊が三浦半島から千葉上総に渡る途中、暴風雨に襲われ、妃の弟橘姫が入水し、海神の怒りを静めたという話があります。その際、姫の着衣がこの地に流れ着いたため「布流津(ふるつ)」といわれるようになり、その後「富津(ふっつ)」になったそうです。シンボルは花はツツジ、木は桜。

2017年04月08日

津市発、5月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

三重・名張市の自慢の音に1、赤目滝(不動滝)の流れ落ちる水の音、2、名張川納涼花火大会における花火の打ち上げる音、周囲の山々に大きく響き渡る、3、天正乱れ太鼓の音など。

更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

津市発、5月の観光見所(静岡県下へ)

富士桜自然墓地公園(JR身延線富士宮駅、フジ桜、ソメイヨシノ)、藤枝市蓮華寺池公園(JR東海道線藤枝駅、桜とフジ、菖蒲の花)、焼津さかなセンター 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
静岡・富士宮市のいわれ。駿河の国一の宮・官幣大社浅間神社があり、その奥の宮は富士山頂に鎮座しており、一名「富士の宮」とも称せられ、昔から広く人々に知られていたことから市名になったそうです。

5月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

津市発、5月の観光見所(山梨県へ)

中の茶屋(富士急行富士吉田駅、冨士桜群落)、北口富士浅間神社(富士急行富士吉田駅)、猿まわし劇場河口湖ハーブ館(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  5月の観光コース  6月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・富士吉田市のいわれ。古くからここが「甲斐の吉田郷」と呼ばれていたこと、世界に誇る富士山がある事などから富士吉田市になったといわれる。特産品には1、甲斐絹(独特ななめらかさと光沢のある絹織物)、2、うどん(富士山の湧き水で打つ腰のあるうどんで摺種<すりだね>という薬味を入れる)など。

2017年04月04日

岐阜発、4月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

岐阜・各務原市の観光資源に1、百十郎桜(新境川両岸に約2kmで約1000本の桜並木がある)、2、成田山貞照寺(日本の女優第1号の川上貞奴が建立した寺)など。また日本一と称するものに1、ニンジン(品質が日本一)など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

岐阜発、4月の観光見所(神奈川県へ)

こどもの国(JR横浜線長津田駅、青葉区、桜5000本とナノハナと椿7000本、コブシ200本等),横浜動物園ズーラシア(JR横浜線中山駅、旭区) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  4月の観光コース  5月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
横浜市のいわれ。海から展望すると、横長の州をつくる地形であったことから横の浜(横浜)と呼ばれるようになったそうです(横浜歴史年表より)。
自慢の風景には1、横浜ベイブリッジ、2、山下公園周辺のウオーターフロント、3、関内・山下町地区の西洋館(近代建築)、4、みなとみらい21地区、5、横浜市立金沢動物園(草食動物が主要)など。

4月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

岐阜発、4月の観光見所(伊豆へ)

一碧湖(JR伊東駅、桜500本)と池田20世紀美術館,トンボ工芸館大室山さくらの里(JR伊東駅、桜35種3000本)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  4月の観光コース  5月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆・東伊豆町のいわれ。伊豆半島の東海岸中央部に位置することからの地名。町のシンボルは花はイソブキ、木は早咲き桜、いずれも暖かな気候のもとに早くから咲き、美しい自然と調和して、観光地を象徴する花と木ということから。