2017年02月24日

津市発、3月の観光見所(栃木県、群馬県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

三重・伊勢市の観光資源に1、朝熊山(伊勢志摩スカイラインの山頂展望台より伊勢湾を一望できる)、2、平家の里(平家の里キャンプ村・矢持町として、フォークコンサートや体験農園などが楽しめる)など。

更新は3日後に、次回は長野県、山梨県へ

津市発、3月の観光見所(栃木県へ)

天平の丘公園(JR宇キ宮線小金井駅、下野市、桃の花木100本と薄墨桜10本と桜の名所)、大平山公園栃木市蔵の街散策(JR両毛線栃木駅)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
栃木・下野市旧国分寺町のいわれ。天平13年(741年)に聖武天皇の詔勅(しょうちょく)により、下野の国分寺と同尼寺が建立され、明治22年の町村制で一宿5村が合併、往時の下野文化の発祥の地、「国分寺」を町名の由来とし、2006年1月に旧南河内町、石橋町とともに合併し下野市になりました。

3月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

津市発、3月の観光見所(群馬県へ)

岩宿博物館(JR両毛線岩宿駅、みどり市、遺跡、カタクリ群生地)、丸山薬師(東武伊勢崎線太田駅、カタクリの花)、三日月村(木枯し紋次郎故郷)、スネークセンター(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
群馬・太田市旧薮塚本町の観光資源に1、ジャパンスネークセンター(約300種30万匹の世界のへびを飼育)、2、つつじ山(温泉街の前山約1haに樹齢100年を超えるつつじ500本が植えられている)、3、三日月村(小説
「木枯し紋次郎」の故郷、江戸時代後期を再現)など。

2017年02月19日

岐阜発、3月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

岐阜・恵那市の観光資源に1、恵那峡、2、保古の湖、3、阿木川湖、4、グリーンピア恵那など。また市に関係する文学作品に1、井上靖作「憂愁平野」(主人公が恵那市の出身という設定。恵那の町の描写がある)。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

岐阜発、3月の観光見所(東京都へ)

小金井公園(JR中央線武蔵小金井駅、山桜、ソメイヨシノなど)と立川中華街片倉城跡公園(JR中央線片倉駅、カタクリの花)、三井アウトレット多摩南大沢 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
東京・八王子市のいわれ。元亀3年(1572年)〜天正6年(1578年)の頃、滝山城主の北条氏照が深沢山に城を移し、その守護神として八王子権現を祀り、城を八王子城(小田原城の支城)と呼んだのが始まりといわれる。

3月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

岐阜発、3月の観光見所(埼玉県へ)

越生梅林(東武越生線越生駅、白加賀、紅梅など1000本)と小江戸川越散策(東武東上線川越駅、蔵造りの商家、菓子屋横丁、時の鐘等)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
埼玉・越生町のいわれ。「太平記」や「吾妻鏡」などに、中世の豪族で越生氏(武士団・武蔵七党の児玉党の一族)が登場しますが、山の尾根越しの「尾越」の転化、または「おっ・越す」が転化したものともいわれ、諸説あるようです。

2017年02月12日

名古屋発、3月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

愛知・常滑市の日本一と称するものに1、世界最古と言われる大野海水浴場、2、直径2.03m、重量約450kgの常滑焼大皿など。また特産品に1、常滑焼(特に有名なものは赤褐色の朱泥きゅうす、その他多種多様有り)、2、ノリ、3、地酒(玉乃輿・ねのひ・白老・鳳翔)など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

名古屋発、3月の観光見所(茨城県へ)

国営ひたち海浜公園(JR常磐線勝田駅、水仙500種100万本)と茨城県植物園(水戸駅、熱帯林温室)、那珂湊魚市場(食、買い)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
ひたちなか市の旧那珂湊市のいわれ。常陸国風土記の中に「阿多可奈湖(あたかなみなと)」の記事があり、さらにはかっての那珂川河口は「沖の洲」が発達し、船舶の出入りに適する地形などから「湊」となり那珂湊市になったといわれる。平成6年に那珂湊市と勝田市が合体し新たにひたちなか市が誕生。

3月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

名古屋発、3月の観光見所(千葉県へ)

太海フラワー磯釣りセンター(JR外房線安房鴨川駅)、外房黒潮ライン(ナノハナ等)、いちご狩り枇杷倶楽部東京湾フエリー

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
千葉・館山市のいわれ。市内の城山公園に里見氏の館(やかた、たて)があった所から館山と呼ばれるようになった事と、すでに館山湾や館山海軍航空隊などの名称があった事などから館山市になったといわれる。

2017年02月08日

津市発、3月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

三重・松阪市の観光資源に1、松阪商人に係わる関係施設・資料、2、蒲生氏郷による古いまちづくりと近代化された町並み、3、堀坂山山ろくの名勝・神社・寺院、4、櫛田川中流域の景勝地・香肌峡、5、射和の国分家・竹川家など。

更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

津市発、3月の観光見所(静岡県下へ)

桜の日本平(JR東海道線静岡駅、日本観光100選)と久能山東照宮、ロープウエイ(JR静岡駅)、清水次郎長一家梅陰禅寺(JR静岡駅)、いちご狩り 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)

静岡市清水区(旧清水市)のゆかりのある故人として1、山岡鉄舟(幕末の政治家、剣客、清水次郎長に廃寺となっていた久能寺を再建させ、次郎長が寺の名前を鉄舟寺と命名した間柄、2、岩崎かよ(童謡「赤いくつ」の主人公・きみの母が在住)、3、平野富山(彫刻家)、4、朝比奈宗源(鎌倉円覚寺管長)など

3月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

津市発、3月の観光見所(山梨県へ)

身延山久遠寺(JR身延線身延駅、ベニシダレザクラ)、本郷菜の花街道(JR身延線内船駅、船川沿い)、エスパルス・ドリームプラザ(JR東海道線清水駅、ショッピング)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  3月の観光コース  4月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・南部町のいわれ。甲斐の国の南から付けられたともいわれ、また、鎌倉前期の武将で、南部三郎光行(甲斐源氏の祖・新羅三郎の5代目)が奥州藤原攻めで功績を上げ、奥州糠郡(岩手県と青森県の一部)が与えられるまで、当地方を領していた事から、南部宿、南部町(江戸時代は南部潘の発祥地)になったともいわれる。

2017年02月04日

岐阜発、2月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


東海地方(愛知・岐阜・三重県)の豆知識

岐阜・羽島市の観光資源に1、円空上人生誕の地・円空資料館(17体の円空仏などを展示)、2、羽島温泉(天然温泉、宿泊施設完備、川魚料理が自慢)、3、薩摩義士の墓(宝暦治水にまつわる)、4、美濃路街道(東海道と中山道とを結ぶわき街道、当時の面影も残る)、5、佐吉仏(国定教科書に載った偉大な人物・永田佐吉翁)など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

岐阜発、2月の観光見所(神奈川県へ)

湯河原梅林(JR東海道線湯河原駅、紅白梅3000本としだれ梅)とケープ真鶴(JR東海道線真鶴駅)、曽我梅林(JR御殿場線下曽我駅、白梅1万本)と小田原ダイナシテイ 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
神奈川・湯河原町のいわれ。川の中から温泉がこんこんと湧き出ていたので自然に湯河原とよばれた。郷土料理にはアジのたたき、まごちゃ(アジのたたきとしょうがとしょう油そしてご飯に熱湯をかけて食べるお茶漬けの一種)、うしお汁(ゴンズイなどの魚を骨ごと汁にしたものでいはば海のみそ汁)など。

2月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

岐阜発、2月の観光見所(伊豆へ)

熱海梅園(JR東海道線熱海駅、日本一早咲きの730本)と修善寺梅園(伊豆箱根鉄道修善寺駅、20種3000本)、虹の郷(修善寺駅、水仙5種2万本)見学、海産物(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆修善寺の民話と伝説。弘法大師が巡しゃく中、川の水で体を洗っていた人を見て、気の毒に思い、手にした独鈷(とっこ)をもって、川の中の岩にあてがったところ、温泉がこんこんと湧き出てきた。名付けて「独鈷の湯」といい、修善寺温泉の始まりとのことです。